合気道 神戸祥平塾 垂水道場

兵庫県神戸市垂水区で活動する公益財団法人合気会公認の合気道道場 です。
MENU
おしらせ

東ティモール昇級昇段審査研鑽稽古訪問

2019年2月7日~13日、東ティモールへ昇級昇段審査と研鑽稽古をすべく訪問してまいりました。 
東ティモールは15年前にインドネシアから独立した若い国です。
赤道やや南に位置し日本との時差はありません。

slide0001_image025.png  slide0001_image023.png

四国から徳島を除いたほどの面積の国土に、神戸市より少ない130万人ほどが住んでいます。

首都のディリは明石市ほどの広さで、仕事を求めたくさんの国民が働きに集まってきます。

JICAから東ティモールのディリ警察訓練学校へ合気道で派遣されている迫田亮太隊員から昇級昇段審査の要請があり、神戸祥平塾の川端政美道場長が招聘されました。

関西国際空港からタイ、インドネシアを経由して、31時間かけて到着しました。

slide0001_image029.jpg slide0001_image031.jpg slide0001_image041.jpg

気温は30度を超え、雨季とあって湿度も70%の中、空調もない道場でしたが、生徒は大変熱心に稽古に励んでいました。

 slide0001_image033.jpg slide0001_image035.jpg slide0001_image027.jpg 

川端道場長の指導も次第に熱を帯び、当初の予定を大幅に過ぎ、夜の9時近くになっても、皆が目を輝かせて技の一つ一つを見逃すまいと身を乗り出していました。

昇段審査は気迫も漲り、現地での普段の指導がしっかりと伝わっていることが感じられる充実した内容でした。

slide0001_image043.jpg  slide0001_image039.jpg slide0001_image037.jpg

また午前中の空いた時間には、大学の体育館を借りて活動している町道場へも指導に出向き、地域の方にも大いに喜ばれました。

未分類

昇段審査 東ティモール 2019年02月11日

アウグスト・ジョアオさんの2段審査


ジョゼ・ロバウト・ゴンサルベスさんの2段審査

おしらせ

東ティモール表敬訪問おまけ(帰途編)

東ティモールを発つ朝。
S__58327046.jpg
海辺のカフェでまったりと。
S__58351637.jpg
現地指導員の迫田さんとも名残惜しく・・・。

S__58351618.jpg
今回お世話になった警察学校の方々にも挨拶をしました。本当にありがとうございました。
S__58351620.jpg
東ティモールはできたばかりの若い国です。みなさまのこれからの発展を願います。

S__58351622.jpg
空港へ向かいます。空港前のロータリー公園に立つ東ティモール独立宣言時の首相のニコラウ・ロバトの銅像が見えます。

帰りもバリ島経由。ここで半日観光しました。
S__58351625.jpg
店員さんが持っているのは世界一高価といわれるコピ・ルアク。味は好みが分かれるところ。
S__58351627.jpg

S__58351629.jpg
夕日を背景にケチャダンスを鑑賞。
S__58351631.jpg
エキゾチックなシーフード料理も豪勢です。
S__58351633.jpg
先生もご機嫌です。
さあ、ここからまた飛行機に乗って帰国の途へ。

稽古風景

東ティモール表敬訪問3日目(後編)


昨日にひきつづき、ここ警察学校で審査会と稽古です。


S__58302622.jpg
疲れを知らない川端先生。 生徒さん一人ひとりに丁寧な指導をしております。

S__58302624.jpg
楽しい稽古が終わって。先生が首にかけてるのは尊敬する人に送る東ティモールの伝統的な織物だそうです。

 S__58286111.jpg
良い稽古ができてみんな晴れやかな笑顔でした。

稽古風景

東ティモール表敬訪問3日目(前編)

S__58302490.jpg
滞在先のホテル。
川端先生の部屋はトイレが2回もつまったそうです。


S__58302493.jpg
東ティモールの伝統の織物やらのお土産を売っているマーケットへ。

S__58302495.jpg おっ、先生が現地の人と熾烈な値段交渉をしているのか?と思ったら相手はさこちゃんでした。 

S__58302496.jpg
次は地元の人でないと行かないであろう市場へ潜入!

S__58302497.jpg S__58302499.jpg
お昼は東ティモールの家庭料理に舌鼓♪
「どれもこれも美味しくて、お腹いっぱい」現地特派員談。
 S__58302504.jpg
保護されているワニ。
東ティモールにはワニが島になって島民を住まわせてくれているという伝説があります。
そのためにワニをとても神聖な動物として崇めています。
首都のディリでも年に何回か出現するほど身近な動物なんだそうです。 

さあ、夕方からは審査&稽古です!